←prev entry Top next entry→
私ははもともと

私はもともと集中がしにくいたちです。

バイノーラルビートは多動な意識を生殺しにしていく感じで、

変性意識状態に慣れている人はよいですが

私のように日常の意識状態が

いつも半トランスというかでろでろと拡散している人間は、

まず集中できる体(習慣)を作るのが先だ、とそんな気がしています。

 

訓練すれば、バイノーラルビートを聴きながら

フルトランスに入れるかもしれないけれど

私の場合は聴覚がかえって邪魔になっているかも。

 

集団での探索は、自分一人では絶対見られないものが見えるので

ほんとに貴重な体験でした。

とくに北斗七星と腎臓探索はすごかったです自分的には。

誰が連れていってくれたのか。お礼を言いたいです。

 

それで先日、

目を開けて天井を見ていたらきらきら光るものが見えてびっくりしたけど

あれは血流ですね。

眼球の中のものが見えるんですたぶんね。

でも日によって流れる向きが違うのがなぞ。

坐っていてもキラキラが見えて壁の下の方が光ってきます。

わたしはもともと目の焦点を合わせないでものを見る癖がありました。

キラキラを見ているときは空中に視点が合っているんだと思います。

 

頭の中の映像を見るのと水晶を見るのは意識の状態が全く違うし

ほかのトランス経験も頭の中ではかなり違うので昨年は混乱してたいへんでした。

でもそれは何か正しいものがあるような気がしていたから。

そもそも、トランスの中で何か見るのが私の場合は難しいかもしれません。

呼吸法をやっていてもほかの人は銀河とか見ちゃっているのに

私は あ、母親が来て手を握ってくれたとか言ってて(笑)

しかしそれも今の私はこうだというだけ。

一つ信じているのは、

なにか続けていると日常の顕在意識が変わってくるということです。

事故のようにびっくりすることがあるのもたのしい。

前記事もそんなつもりで書きました。

 

まだまだ書き起こしに人の体験が下敷きにあって、

それに対してああだこうだ書いています。

もっと自由にならないと自分の本当の感覚は戻ってこないなあ。

 

以前起き抜けに土星が歌っているのを聞いたことがあって

忘れられません。

ものすごく楽しげに太陽系を闊歩していました。

自分の中ではそれが真実です。

ああいうのが1年に2,3回あったらもうそれで幸せです。

あとは明晰さを保ち集中して日常を生きて生き抜きたい。

 

| もずく | エーテル体周辺 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: