←prev entry Top next entry→
出生の金星に、空の天王星オポジション

空の天王星が私の天秤21度金星にしばらく180度をとっています。

最後の正確なアタックが9日でした。

 

以下ピンポイントで、

1回目 2016.4.12

ブログで金子みすゞのことを書いています。

「私と小鳥とすずと」の「みんなちがってみんないい」

の「いい」は、評価の「いい」じゃなくて

存在の承認としての「いい」なんだろうな、

といったようなことを前から書いてみたかったのが急に書けました。

 

この月の満月ではかなり強い腰痛になりました(腰は天秤座=金星)

その痛みが最高潮に達したときに起こった出来事もあり、

それはもうしびれるような経験でした。

 

2回目 2016.12.19

FBがとても苦手で、何を書いていいかわからなかったのですが、

この前日から何でもない挨拶のようなことをこれも急に書けるようになりました。

それと、同じくFBの中のある勉強会で、

以前から疑問に思っていたことを講師の人が書いていて、

それに質問して回答をもらうという流れがありました。

以前からその人は同じことを説明してくれていたといえばそうなのだけれど、

自分が質問して自分に答えてもらうという、

@の機会をつくれたわけで、そこに認められた感じが持てたのだと思います。

 

3回目 2017.1.9

認めてもらえなかった、評価されなかった、と思えたことがありました。

ぐったりしてしまったけれど花粉症のせいかもと今日気がつきました。

 

ほかの天体のアタックもそうですが、天王星長い、トラサタは長いですね。

オーブをとると2015年6月から2017年2月くらいまでは十分オポジションです。

 

まだまだ印象的なことが起こりそう。

とくに明日は満月ですし、

私には軸に乗る天体が多く何重にも金星が効いている配置です。

 

金星天王星、

金星を「自分の大切にしていること」、

天王星を「改革」とすれば、価値観を見直したり発見、啓発の機会ですし、

天王星を水瓶や11ハウスを表すものとすればそれは他者(多数)の評価や承認です。

それはほかの人の持つ価値観を突き付けつけられる機会かもしれませんし、

自分の大事にしていることをみんなの前に持っていって

どうかな?とみてもらうことになるのかもしれません。

 

天体は人に投影されることが多いです。

またはそういう機会を人がもたらすというべきでしょうか。

まえにみねんこさんのWSで木星リターンについて話しましたが

私の場合、木星はすべて人でした。

今回もそうみたいです。

 

出生の金星に空の冥王星のスクエアは来年です。

これはどんなんなるのかな。

またじっくり体験したいと思います。

 

 

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: