←prev entry Top next entry→
叶多幸先生に手相をみていただきました
こんにちは、
まるおかです。

先日生まれて初めて手相を見ていただきました。
灯台屋に木曜日来てくださっている叶多幸先生です。

私くらいの年になりますと、
占星術でネイタルチャートなどを人に読んでもらおうという欲求はほとんどなくなります。
私だけじゃないと思う、たぶん。
(あ、違うか、占星術10年以上やっているせいでしょうか?)

でも今回鑑定を受けて、よかったな〜と思いましたよ。

ホロスコープでは私は四元素でいうと地と風が強くって、
コーチングなんかでいうアナライザータイプ(分析的、傍観者的)
のイメージかなっと自分でも思うのですが、
手相では右手はとても火が強いらしいです。
アイデアマン、プロモーター、プロデューサーに向いているそうです。
左手は水の手だそうで、カウンセラーやヒーラーの手相。
火と水の相剋ですよ!熱いですね。

まあ自分の内側はそうなのです、
自分だけのことをいえばグイグイ行きたいタイプです。
抑圧も強いということで、
せめぎあっているものがあって、ぽんと飛び出す感じなのかなと自分では思います。

チャートでいうと
アセンダント(双子で火星)ーディセンダント(射手で木星)が
右の手(これは太陽とのTスクエア)で、
MCーICが魚ー乙女(月、冥王星)が左の手、という感じがします。
太陽・未来・行動方向と、月、過去・内面とわけられそうな気もしました。
私の場合です。
私は右利きなのですが、多分人より左を多く使います。スマホ操作とか。
と、いうことは右が使えていないということでもあるのですが、
これからは右をもっと使ってもいいのかなーと思いました。

それと、自分のケースだけで判断するのは避けねばなりませんが、
軸と天体の特徴が強く出ている感じがします。
というとやはり手相は地上と肉体の特徴が強く出るのでしょうか。
自分の二面性みたいなものが手にも出ているんだなあということと、
自分という生物が持っているナマのポテンシャルみたいなものを
手を通して感じることができました。

叶先生は、先見性のある方で、
これからの灯台屋についても示唆をいただくことができました。
私は北半球人間で、自分の好みの居場所があればそれでいいとなってしまいがちなので、
言われたときは2日くらいもやーんとしましたが、
鑑定と自分の欲求とのリンクを見つけたら
がぜん意欲的になってきた自分を感じてびっくりしました。
私は気が長いのと、ひよりやすいので、時間がかかると思いますけれど笑

下は私の感想メールへの叶先生のお返事の一部分です。

(引用ここから)

> 再生工場というキーワードと、ハコの話(自分でも灯台屋はハコと人に説明していました)
>
> 4ページだったかに書いてくださったことは、
>
> ずっと思い続けてきたアウトカム、ビジョン(自分の思い通りにできる居場所を作る)と
>
> また灯台屋をやってみて3ヶ月のあいだにまとめたこと(人を生かす場所にする)とほぼ同じです。
 
良かったですー! 錬金術だと火(硫黄)と水(水銀)を金(太陽)へ錬金するためには、
塩(媒体)ということになっているんです。錬金の意味が、本質の変容とか成長で
丸岡さんのホロスコープもまさにそういう配置というか、
その2つをつなげるのが、灯台屋さんのようなイメージですね。
 
(引用ここまで)

鑑定書が濃くて、何度も読み返しています。
灯台屋に展示していますのでお店に来たら見てみてください。

ちなみに明日2月11日木曜日は叶先生の鑑定日です。 
13:00〜18:00 
お問い合わせは 叶多幸先生 http://www.kanotako.com



これが


こんなふうに。


これが


こんなふうに。



今日はまるおかが18時までいます。
(でもいま13時のお客さん待っているんだけどまだ見えません)
星読みコーチング 90分 15,000円
西洋占星術鑑定 15分 2,500円
月のセッション 60分5,000円 2月お申し込み中 

お問い合わせは灯台屋 http://www.todaiya.com



 
| もずく | 灯台屋 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: