←prev entry Top next entry→
太陽と月のポジションチェンジ
 長くともに生活している夫婦の場合。

顔が似てくるらしいですね。

よく西洋占星術では、夫の月は妻に投影され、
妻の太陽は夫に投影されるなどといいますね。


投影というのは心理的な防衛機制のひとつで、
自分の心の認めたくない部分を人に託すことです。
でも悪い面だけじゃなく、よい面でも起こるでしょうね。
要するによくもわるくも自分が意識しきれていない自分の心理的要素は
人のこととして認識される可能性があります。

つまり、生き切れていない部分は無意識下に追いやられていきます。
それが相手に投影されるというのは容易に考えつくことですが。

私は、夫婦は、
お互いに影響を与えあい、
自分と、相手の中にある自分を同時に生きるんじゃないかなと思っています。


夫の月は、夫の内面でもあるけれど、
夫から見た妻の姿でもある。
そして、夫がそう見ていることが妻に影響を与える。

こう書けばごく当然のことに思えてきます。

そんなわけで、パートナーの内面では自分がどう見えているか、
分析してみると
自分についての発見とか可能性がまた見えてくるんじゃないかと思います。




星読みコーチング 90分 15000円

メール鑑定 1通 5000円 
| もずく | 星のこと | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: