←prev entry Top next entry→
火星型・金星型
 前に書こうとしてやめていたこと。
みけさんのメルマガ読んで、今なら書けそうな気がしました。

業界の中で成功しやすいのは火星型(獲得型)の人です。
どの業界でもそうです。
(ここでいう火星型の人とは、東半球強調の人・火星が山羊・射手・蠍などのサインの人・
火星がMCに近い人・など。はなはだザツですが)
そしてその下にたくさんの金星型(受容型)の人がいます。
(ここでいう金星型とは、西半球強調の人とか、相対的に見てチャートの中で
火星より金星が優勢な人など)
んで、金星型の人は、火星型の人に対して劣等感やネガティブな感情を持ちがちだけど、
あんまりそれは必要ないのではといつも感じています。
(火星型の人も実はそうで、金星型の人に対してコンプレックスがあるんじゃないか。)

いくつか理由がありますが、
まず、どちらもお互いなしには成り立たないというのがあります。
金星型の人は火星が開拓した分野を安心して享受しています。
火星型の人は金星型の人が持っているものを受け取ることなしには
先に進めなかったはずです。

そして、まず得意な方から固めればいい、
苦手な方はあとから必ず開発できる、というのが一番の理由です。
使えていないほうつまり未発達の天体が持っている
もじゃもじゃだから、そこを解くことが開発のカギですね。
金星型で、火星型の人に搾取されたと考えている人は、
もうすでに金星型じゃないんじゃないか、
実は自分が火星をやってみたいんじゃないか。
そういうときが来たということです。

あれっめちゃくちゃ当たり前のことを書いてしまった。

まあいいか、消してしまうとないことになっちゃうので、
今回は残しておきます。
| もずく | 星のこと | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yasumiko.jugem.jp/trackback/527