←prev entry Top next entry→
春いちばん千駄ヶ谷メモ

こんばんは。
今日は暖かい日でしたね。
午後仕事を早びけして、千駄ヶ谷の松村先生の事務所におじゃましました。
菊池文人先生の「ガイド相談室」が今日だったのです。
菊池先生は、予約の時間にドアを自ら開けてくださいました。
その笑顔に緊張が解けました。

たくさん質問をしたほうがいい、とお友達から聞いてはいたのですが、
浮かんできた質問は3つだけでした。
「ガイド相談とはどういうものですか」
「2年後に占い師になるつもりですがそれでいいですか」
「引きこもりの弟がいますがどういう接し方をしたらいいですか」

こんなにズバッとは聞けませんでしたが、まあだいたい。

菊池先生は、18年前中学生だったときから、
自分の「ガイド」である「じいさま」とお話ができるようになったのだそうです。
よく子供は見えない存在とコンタクトをとることがあるといわれますが、
そういうことを大人になってもやっていますという意味のことをおっしゃっていました。

それはどのようなカテゴリ(心理学とか哲学とか大脳生理学とか)でも説明可能ですが、
証明はできない、イメージ上の確たる現実、ということのようです。

それで、私のガイドについて話してくれました。
イギリスの人で、女性で、教員だそうです。プロテスタントで、
女性の権利やフェミニズムについて、先進的な思考を展開する人だったようです。

菊池先生は「ガイドを目の前にしてなんですが、相当な賢女です」と
ちょとはにかんだようにしておっしゃいました。

これについては驚きました。
というのは、私は二十歳すぎのときフェミニズム的思考にハマり、
ジェンダーについて考えすぎて、
四六時中言い続け書き続け、
夫に(まだ夫ではなかったけれど)愛想を尽かされそうになったからです。
数年でその熱は冷めましたが、不思議な現象でした。

それでまあ、私が今の仕事を辞めて占い師になることについては、
人生において「一歩前進」することだと認めてくださいました。
涙が出ました。
もう決まっていることなので、だめといわれてもやるんですけど、
認めてもらったほうが嬉しいですよね。
今の仕事より、より人の人生に深くかかわることになるところが進みなのかなと思いました。

私は、運命論的な占いではなく、「こういう能力があるからこう使ったらこういう生き方ができるよ」
というふうにクライアントを諭し導くことができるそうです。

今の仕事についても大事な話をもらいました。
それは以前、ほんとに困った状況だったとき、
雪の石さんやるのんさんに占ってもらったことととてもよく似ていました。
いや、ほぼ同じだったのです。
状況が変わってもそれは変わらないんだと思いました。
自分の良いところを自分で認めていればいいのです。
私はとかく同僚にエネルギーがいってしまう傾向があります。
認められたいし一緒にやりたい。でもそれは、大切なことではないようです。
大事なのはクライアントだと、それこそ諭された気がしました。

そして、いつも感じている通り、占い師になることは、今の仕事の延長上にあり、
自分の信念や理想をもっと明確にすることであるのです。
そんなふうな力づけをもらいました。

最初は若い人が来るそうです。
高校生とか・・・。私は自分より少し若いくらいの人なのかなと思いましたが、
もっとずっと若いようです。それならそれで学割を設定します。
カウンセラー的役割をとるのがいいようです。

菊池先生がおっしゃるには、「ガイド」はついている人の人生に対して
強制力を持たないのだそうです。
ナビゲーションをしてくれる存在だそうです。
雑音が多ければ聞こえなくなってしまうような、
小さな小さなメッセージを発し続けてくれるみたいです。
でもそれは、無意識のうちに、われわれは受け取っているようです。

そのあと弟のことを話してもらいました。ほんとに苦しい思いをしているといってもらいました。

ところで、セッションの途中で、風のように松村先生が入っていらっしゃいました。
青っぽいフリースを着てらしたかな。
5年前より若く見えました。
てか、わたしより7つ上とか、とても思えません。
二度目に入っていらしたとき、ちょっと首を回して注意を向けてくれたように思え、こうふん!
ちゃんと挨拶しそこなったので、またお目にかかりにいきます。

事務所を出てから、鳩森八幡神社に寄り、
(ここでまた帰られる菊池先生にばったり)
仙寿院トンネルを通って駅に戻りました。
地理がわかっていたわけではないんです。歩いていたらあったということでラッキー。

明日からまたがんばります。本業も副業も。
あと2年です。

| もずく | 就活プロジェクト | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
2011/02/25 10:13 PM posted by: マント
なんとなく、晴れやかな心地がしました。応援してます。
2011/02/25 10:39 PM posted by: yasumiko
あ、マントさん!ありがとうございます。がんばります。
2011/02/26 2:33 PM posted by: めがね
パワーがみなぎってる気がしました!
占い師さんになられるんですね、頑張ってくださいね。
わたしは7年前に20年間の結婚生活に終止符をし、そして再婚し今は穏やかな日々を送っています…

一度きりの人生ですから思いきりました。だから悔いはないです。

yasumikoさん、応援してますね☆
2011/02/26 9:18 PM posted by: yasumiko
そうでしたか。
ほんと人生は一度きり、悔いのないようにやりたいです。
これからもお互いがんばりましょう。
2011/04/24 3:08 PM posted by: ささ
yasumikoさんのブログを読み始めました。
Twitterでお世話になっているささです。
ガイド。興味深いです。私は、ガイドというか、
常にだれかに守られてるかんじが時々するのですが、
その人はきっとガイドというよりガードマンなんでしょうね。
ガイドという人も、その人とは別にいるのかしら??
2011/04/25 7:33 PM posted by: yasumiko
わ、さささん、こちらでも、ありがとうございます!
ガイドはよくわからないんですけど、私はその守られているという感覚はあんまりないんですけど、「いつも最後はうまくいく」と思っています。そこらあたりはガイドがそう思わせてくれてるのかなと想像します。ガードマンみたいなガイドもいると思いますよ。ガイドは複数いる人もいるみたいです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yasumiko.jugem.jp/trackback/50