←prev entry Top next entry→
こんげつのけんけつ終了
 出かけるまで時間があったので
明日のワークショップの資料を手直ししていた。
これあと2時間あったら仕上がるなと思いながら家を出た。

きもちがわさわさして、ついったをやりちらかして、
ふとトランジットを確認したら、
山羊座で火星冥王星が、牡羊座で月天王星が緩い合。
この惑星群はこれも緩いスクエアであるので、

ああこのわさわさは葛藤なのだ

としてNLPのワーク「インテグレーション(葛藤の統合)」を試みた。

「家にいて資料を仕上げたい」は右胸にあって、紫のビロードの布のかかった箱だった。
「集中して落ち着くことで深い満足を得たい」と教えてくれていた。
対して「献血ボランティアで鑑定をしたい」は
左肩あたりにあり、もう忘れてしまったけれど白い何かっだった。
「楽しさ」から「穏やかさ」を教えてくれていた。

それで二つを合わせたら、黄色く楕円形のものが出てきたので、
サプリメントのように全身に溶け込ませた。、
それでだいぶ落ち着いた。
気がついたら東京でした。
そう私は、行き先の違う電車に乗ってしまったのだった。

なんとか新宿について、ランチしていたら、
すごくうれしいお知らせが入った。
ああ、これを聞くためにわさわさしていたんだなと感じた。

いろいろ憑き物が落ちて、

すごーく元気が出たところで、ボランティア会場に着いた。

まあそんなわけです。
ボランティアは楽しくて、
終わりに近づくほど人が増えるのもわかってきた。
リピーターさんも来てくれてとてもうれしかった。

極端なことを考えて自分を追い詰めなくてもいいです。
それは自分を守る癖なのです。
悪いことは起こりません。
なんとかなるものです。
大丈夫です。
とりあえず明日を生きましょう。
| もずく | NLP | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yasumiko.jugem.jp/trackback/471