←prev entry Top next entry→
台風過ぎて
oogayato.JPG

今日は、
深川不動尊の下見に行く予定でしたが、
台風のため延期に。
お昼過ぎには日が差してきました。
夕刊を開くと被害の報道が。

午後は買い物に行ったりゴミ集積所の清掃当番だったので
掃除してきました。
(3日やって次の家に回すのに2週間くらいとどめてしまうのが常)

写真は工事中の小学校の校庭です。
まだ子供の手が触れていない遊具がピカピカ。

以前ここには子どもたちが登れる「山」があって
小学校の名前を冠して
「○○富士」と呼ばれていました。 

校庭の周りにはたくさんの木がありましたが
9割がた切られてしまいました。
校舎を建て替えるときには校舎だけじゃなくて
回りのものすっかり新しくなるんだ、
そのために木は切られるんだと知りました。

子どもたちが通っていた中学校・保育園・小学校が、
天王星冥王星のスクエア(2012〜)が空でできているあいだに
すべて建て替えられました。
長男の高校も、建て替えは決まっているらしいです。

天冥スクエア(〜2015)
その間私も仕事を変え、
今は夫の会社が大規模な組織改編中(←表現を軟らかくしました)
(夫の会社はすごく大きいせいか、変化のタイミングが
はかったように星と一致していて面白いです)

今私の周りでは、
転職したり新しい活動を始めたり、
「これまでのままではいないよ」という人がすごく多くなっている気がします。

「昔のように、一つの仕事を何十年もずっと続けられる時代ではない。
平均寿命も長いし、環境も激変する。人生の中で仕事を何度か変えながら、
自分で稼ぎながら、何とか生き延びていかなくっちゃね。」

先日見かけたToshiko ISE(@toshikoise)さんのツイートです。

ずっと前からこういう現実認識で生きてきた人もいると思うんですけれど、
私はボケボケしていたので、
最近です。仕事変えてからです。
自分のマップ(現実認識のフィルター)ががらりと変わったのです。
それで今はこういう考え方がとてもなじみます。

これからだって、
異常気象も天変地異もあるし社会の激変もあるんだと思うんですよ。
でちょっとわけがわからなくなったら、
このツイートを思い出そう。そう思いました。
そして、人と関わるときにこのツイートのような共通理解から出発したら、
建設的な関わりが持てるかなと思ったのでした。

まあ、がんばりましょうよ、
理想は高く、目は適度に近くして。
自分の体で稼ぎましょうよ。
| もずく | 月的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yasumiko.jugem.jp/trackback/448