←prev entry Top next entry→
みえるもの、みえ方
 海外ドラマ「シャーロック」が好きです。昨日、シーズン3の最終話で、
登場人物が情報を頭の中の記憶庫に納めているという話がありました。
それがビジュアルで鮮明に描写されます。
リアルと寸分たがわぬのです。

記憶や想像したものが鮮明に見えることがありますか?
たとえば昨日の夕食。
着てみたい服。

現実にはないものの見え方って何通りかあるように思います。

私の場合、夢の見え方も違います。
カラーの夢がほとんどですが、
すごくはっきりした色のときと、
すごくあいまいで白黒に近いときとあります。
そして視界も、どこまでもはっきり見えるときと、
自分が目を向けたところだけがライトを当てたように見えて
それ以外は曇って暗くなっているときがあります。

頭の中に視覚でものを思い描くときは、
どこでどのように見ているのでしょうね。

たとえば3年後の自分を思い描きます。
頭の右上方、後方部分に出てきました。
ぼやけた映像です。
茶色のソファに座り誰かと対面している自分です。
相手の顔はわかりません。
床か調度が黒くて、学校の校長室のような雰囲気です。
今書きながら、自分はピンクのスーツを着ていたなーとぼんやり浮かんできます。

それから、
たとえばマッサージを受けていて、
眠り込む寸前の意識状態のとき。
リアルな映像の中に入ることはありませんか?
私は、ファスナーがいきなり開いたみたいに、
その世界に直面していることがごくたまにですがあります。
夜入眠時も似たようなことがあります。
これはすごくリアルで濃い映像ですが、
だいたいは忘れてしまいます。
見ているという自覚がないです。

それから、夜布団に入ってまぶたを閉じているとき、
目の前は暗いですが、
あえて目を使って何か見ようとして見えるときがたまにあります。
光とか、ぐるぐるした点の集まりです。
お友達が遠隔レイキをしてくれたときは
目の前に突然藍色の宇宙が広がり、
ほしぼしが規則正しく並んでいる映像が一瞬ですが見えました。

ごくたまに、目を開けても見えつづけていることがあります。
2,3回でしょうか。
光とか人の顔。

あるいは、眠っていないとき。
目を開けたまま、そこにない映像を見ることがたまにあります。
これが一番ショッキングです。
これはホログラムの平面図(笑)みたいなんですけど、
私の場合。

みけまゆみさんの可視化講座を受けたときは、
「脳をだまくらかして」見ましたよ。
等高線だけで描かれた地図と、
ブドウのような植物の葉。
黒猫の画像。
猫だけは意図して見たものです。
3Dを見るような感じで目の前に広がっていました。

タロットのパスワークなどは、
私はタロットをろくに見ないで、電車の中などで試みることが多くて、
それは邪道なんでしょうけれど、
けっこうおもしろいです。
歩きながらやることもあります。
色とイメージの洪水っていうか。

水晶もほそぼそと見続けています。
私は、谷原さんの練習会に2回参加したことがあります。
勝手がわかってとてもよかったです。
姿勢とか置きかたとか
石の選び方とか
初心者はとにかくよくわからない。

そしてあれは集団でやったり、
能力のある人が近くにいると格段に
受信力が上がると思います。

最近はクラック(ひび)が形をとることが多くなりました。
これは普通に目で見ます。
私の場合は、焦点を水晶に合わせないでやります。
薄暗いほうが反射がなくていいです。
先日、クラックのない丸玉を見ていたら、
水晶でなく周りにモヤが広がって、
視界がぶわーっと白くなったので、びっくらしてやめてしまいました。
まだそんな進みです。

通常水晶などを見るときは、
脳波をシータ波に落とすとよいらしい。
私は今はヘミシンクなどは使わずに見ています。
私の場合脳波があまり下がらないというか、
意識状態がもともとおそらくですが
人とちょっと違うので、
その状態のままで見続けてしまうことが多くて、
中途半端なのです。
猛反省です。
脳波をちゃんと下げるには、
集中すること、
集中するには、
呼吸法を再度きちんとやること、
もっといえば腹筋を鍛えねばなと思っていて、
なにかやりたくなってきているところです。
ヨガかな?

勉強している人やプロの人が読むとこの内容は笑止!かもしれないと思いますが、
模索中でこんなところです、
といった話です。

よく地のサインの月の人は見るのに向いていないという記述を読んだりしたけど
というよりは、
価値観の問題だと思います。
その人が見ることに意味を見出さないと見えないかと思います。
使えないとかありえないじゃなくて逆の発想、
すべてを拾っていく発想のほうが、
ビジョン視や水晶視にはいいかなと思います。

なんのためにそれをやるかってことについては、
また考えてみたいと思いますが、
私の場合は お も し ろ い から!
だからノイズでも何でもかまわない、
見えればいいという段階です。

なんか、映像の見え方を書こうと思ったんですけど
話がずれました。
NLPでは、学習の中で視覚を扱うので、
自覚的にものを見たり、視覚を使って再現しようという
モチベーションは出てきます。


| もずく | エーテル体周辺 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yasumiko.jugem.jp/trackback/381