←prev entry Top next entry→
夢で行く場所
 夢でよく行く場所がいくつかあります。
一つは秋の山。
紅葉真っ盛りです。
山の中腹に広場があって、脇に真白なホールのような建物があります。
二階建てでギャラリーがあるのだと思います。
広場に自動販売機があって、
そこで現実ではもう会わないことになった友達と、
ばったり会って、缶ジュースを飲みました。
友達は優しかったです。

白いホールの裏側には廊下が伸びてどこかに続いています。
そこで松村先生のお話を聞く夢も見ました。
松村先生は大きな古い切手を持って、
そこに書いてある数字について私に解説してくれています。
私はそこでは教員のままで、
外を生徒が走り回るので気が気ではなくて、
お話の内容は上の空になっています。

その後まもなく松村先生の鑑定を受けることになったので、
(そのときはまったくそんな気はなかったのですが)
その切手はタロットカードのことだったと
あとで考え至りました。

かるたなんかが出てきたこともありますが、
だいたいアカシックの記録の象徴なんだろうと思っています。

その紅葉の山には、ものすごく美しく青い湖があります。
私はテレビでそことそっくりの景色を見たことがあります。
それは中国の九寨溝でした。
いつか行ってみたいものだと思います。


夢の中には学校も出てきます。
大きな木造の体育館というか講堂というか。
なぜか床がしなっています。
ローラースケートのリンクみたいな感じです。
教室も大きくて、すり鉢型です。
生徒が座っていることはあまりなく、
どこかほかのところにいるみたい。
つまり授業中じゃない夢が多いです。
みんな寮生活をしているような感じです。

タロットのパスワークなどをするときも、
同じ場所がよく出てきます。
白い砂浜と松林、
広場、などなど。

もっともっと頻繁に訪ねて、
絵に描いたり地図を作ったりしてみたいものだと思います。
夢とパスワークやヘミシンクで行く場所は、
だんだんと違いがなくなってくるのではないかなと思います。

しっかりしたものができたら、
そっちでも暮らしてみてもいいかもしれません。
向こうは向こうで暮らせるのなら、
人生を倍体験できるみたいな感じで、いいのかもしれません。
| もずく | エーテル体周辺 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yasumiko.jugem.jp/trackback/255