←prev entry Top next entry→
水晶プログラミングと水晶透視その後

先日書きましたが、
山形ツアーで、主催の川本さんに、
水晶プログラミングのやりかたを
教わってきました。
それで、家に帰って、自分の水晶に願い事を託してみたのです。

まず水晶をせっけん水で洗って浄化しました。
そしたらすごくぴかぴかになって驚きました。(写真は浄化前のものです)
物理的にもエーテル的にもきれいになるようです。

それを教えてもらったやりかたでプログラミングしました。
そして元の置き場所に戻すとき、
自分の名刺の上に置いてみました。
内容を紙片に書いて乗せてもいいと川本さんがおっしゃっていたのを思い出したのです。
これで納得、という感じになりました。

そして家に帰ってから、あ!あ!あ!と声を上げてしまいました。

今日やったことは、以前水晶透視してもらったときの吉田さんのあの絵!「重いものを着地させる」
まさにそのままではないか!でかい写真ですが比べてみてください。

「着地させる」とは「自分のアウトカムをはっきりさせる」ことに他ならなかったのかと
気づいた次第です。
魔法の杖の石.JPG

| もずく | エーテル体周辺 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
2013/11/02 8:18 AM posted by: みねんこ
わーびっくりですねー!ほかもきになる。おもしろい!
2013/11/04 10:44 AM posted by: もずく
みねんこさんありがとう!この水晶同士、連絡し合っているかもです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yasumiko.jugem.jp/trackback/228