←prev entry Top next entry→
「夢のコラボ企画・山形秘湯で開運の旅」に行ってきました その3
山形石.JPG
写真は、一日目の午後につくった開運ブレスレットと、
教えていただいたクリスタル・プログラミングの石たちです。
わたしはセンスがアレで、このブレスは組み直したいと思うております。
非対象にしたほうがたぶん美しいですね。
いい石たちでびっくりでした。
しかもひとり分ずつ缶や袋に入れていてくださるという細やかさよ。

向こう側の石は水晶ポイントと浄化用のカイヤナイトとシトリンです。
プログラミングのお話を聞いて実際にやってみるのはとても面白かったです。
川本真都さんは、石やスピリチュアルについての実践を積み重ねている方なのだなというのは
お話をうかがっていてよくわかりました。

プログラミングって何かなと思ったけれど石に願いを込めるという行為でした。
石は実現を早める手助けをしてくれます。
NLPでいうアンカリングに近いですね。
これらはみんな「術」ですね。
(これは私の解釈です。NLPを「術」というと、その人の持っている言語マップによっては、
嫌がる人や敬遠する人もいそうです)

マジックの基本は人間の意思、意図だと川本さんはおっしゃっていました。
石はある意味機械に似ていて、込めたものを忠実に遂行しようとするので、
適切でないものでも叶ってしまうこともあるようですね。
だからこそわれわれは、本当の願いを願う必要がありますね。
そうできるように自分自身を高めていったり、
自分を超えた大きなものとつながる必要があるなと、思ったことでした。

夜と2日目早朝は、ヒプノセラピスト谷原由美さんの集団ヒプノでした!
なな、何とお得な!すべてコミコミ!


 谷原さんの誘導は無理がなくて強力なものでした。
ひとりでたくさんの人を誘導するというのはどんなものなのかなと思いましたが
まったく問題なく違う意識に入ることができました。
その2回で私は自分が座る椅子を見て、
自分のガイドに会い、
どこかの星に飛んだのですね。

そう、今回のテーマは、恒星探索ツアーということでした。
ドキドキワクワクといいたいところでしたが、
起きぬけから冷えでおなかが痛くて脂汗が浮かぶ始末。
しかし催眠の間は腹痛も忘れ、・・・
なんと眠りこけてしまったのでした!
そんな中でも谷原さんの声はずっと聞こえていました。

私のガイドさん(瞑想の中で出てきて私を導いてくれる人)は
タロットカードの「女帝」のような人でした。
若くて、波打つ金髪の持ち主です。

あとは意識がなくて(爆)よくわからないのですが、
最初に「ミルラ」か「ミトラ」のような言葉を聞きました。
私はそれと同時に「弥勒」だと意識していました。
そんな恒星あったのかな、と。
そこを出るときには「リゲル」だという意識がありました。
あとメモを見ると、二人の人間の絵が描いてありますが何だったのか思い出せません。

そんなわけで私の初!恒星ツアーは終わりました。
帰ってから聞いたもの見たものについて調べてみて、
多少(人から見たらたぶん多少)思い当たるところがありました。

谷原さんの技はすごいと思いました。
たくさんすごい人に会えてよかった、今回の旅でした。

| もずく | パワースポット | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yasumiko.jugem.jp/trackback/224