←prev entry Top next entry→
アウトカム
願望実現(というとあからさますぎて抵抗がありますが)について、少しだけ書きます。
断っておきますが私が考え出したことは一つもありません。いつもですがこの件も、私が書いていることの中には、私が言い出しっぺのことは一つもありません。たぶんこういったことに親しんでいる人には、目新しさはないと思います。
メモっぽくなります。ちゃんとして出そうとするといつまでたっても書けないし、内容も進化しないのです。

・意識があれば無意識があります。よく氷山にたとえられますが、意識は水の上に出ているほんの一角、無意識は海の中の大きな氷塊。無意識が動かなければ、現実も自分も、何一つ変えられないと仮定します。
そして現実は、「無意識含めた自分の意識の反映」と仮定します。ここまで前提です。
・「願望実現」とは、少し乱暴かもしれませんが、意識が無意識に話をしてラポールをとるという行為に他ならないと私は思っています。
・潜在意識は、自分の未来も、自分の本性もちゃんと知っています。現在目覚めているこの自分がその状態になっていないだけなのです。一つ願いをかなえるたびに、自分の本性に近づく。本当の自分と、自分の使命に近づく、これが自分を幸せにすると私は考えています。これは多少私独自のもののみかたが入っています。
・私は願いといわずに「アウトカム」といっています。望む結果、くらいの意味で。結果に焦点が当たる感じがするので、はっきりしていていいなと思います。
・「自分を耕しておく」のが大事かなと思います。チャンスは準備された心を好みます。以下具体的に。
・早起きほか、生活習慣をあるていどコントロールできる自分にしておく。
・言葉の使い方。シンプルなほうが早く実現する。回りくどい言葉や、否定形の多用、自分固有の表現がありすぎるのは、潜在意識に伝わりにくい。(私でいえば「〜しかない」「ありえない」などの表現を使うことがとても多くて、他の言葉での言い換えが聞かないくらいでした。表現に固執することは、今の自分に固執することなので、自然と変わりにくくなります)
・物事の受け止め方。ポジティブ、ニュートラルな考え方に慣れておくこと。
・その「アウトカム」は「自分にとってなぜ大事か」という問いかけをしておく。何回でも聞いてください。しっかりするから。
・何があなたを止めているか、自分に問いかけてください。
・エコロジー・チェックをする。その願いかかなったとき、不幸になる人はいないか。社会に迷惑をかけないか。=無理していないか、ということですね。
・「潜在意識に伝わりにくい」と書きましたが、基本、スピじゃなく脳の問題。脳と言葉と行動の問題と考えること。
・でもスピリチュアルな領域の存在を認めることはとても大事。大自然、社会、宇宙、過去未来、連綿と続く自分の家系、命。
 自分を取り巻く世界は、広ければ広いほどいい。
・脳波を落とすことに慣れておく。楽にして、息を三回吐くだけでも、意識は変成します。
・イメージすることに慣れておく。頭の中でビジョンを見ることに慣れておく。

・毎日願いと仲良くする。願う時間を取ること。
・願ったら忘れる(これ大事)。ちゃんとした日常にいそしむ。意識化したままだと、無意識まで落とし込めない。
・願いは、思わぬときに思わぬ形でかなうことがあると知っておく。
・願いは、かなったときに「それをとても願っていた」とわかることも多い、と知っておく。

以上思いつくまま書いたので、あとで赤面なことがあるかもしれません。すべて仮定と「こう考えましょう」の世界です。
ただ、私は、こんなふうに考えてやってきた感じです。あと、厳密にいうと、願いとアウトカムはやっぱり違う感じがするので、
次回はもっと区別して書きます。


 



 
| もずく | ひとのこと | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yasumiko.jugem.jp/trackback/212