←prev entry Top next entry→
火星土星の日、土星のワンサイクルが思いがけず完了した話

4月3日、鎌倉の天園ハイキングコースを歩きました。

nico先生、つびー、みねんこさんほか

火星プロジェクトでお世話になっている方々と。

火星土星が合の日だったので山登りとかいいのではということになって。

天園ハイキングコースを全部歩くのは初めてだったのでどきどきしながら

参加しました。

nico先生は鎌倉に住んでいたそうで

そのころは週一くらいで登っていたそうです。

 

nico先生は歩きながらいろいろ質問してくれます。

何でそういう話になったか忘れましたが

教員を何年やっていたか聞かれました。

 

「29.5年です」と答えました。

1883年9月1日(に臨任になって)から2013年の3月31日まで。

 

占星術をやっている人ならわかると思いますが

これは土星の公転周期です。

合わせたんですか、と聞かれましたが

そんなことには考えが及びませんでした。

最後の3年を迎えるときに、

「これでもういいなー」といい感じで収まりがつきました。

 

「ほんとに完了したんですね」

nico先生はそういってくれました。

ああ、そういうことか、と腑に落ちました。

いろいろあったときもありましたが

今の自分とどこもつながっていない感じは不思議だなと思っていました。

 

しかし、

そのサイクルは完全な円となって閉じたんだなあというイメージが生まれました。

 

一日歩いておいしいお酒も飲んで

帰ってきたら歩いた距離は18キロを超していました。

 

その日から全身の細胞が入れ替わった感じがしています。

2014年にビルの階段をふみはずし全身を打撲したときと少し似ている気がしています。

来年は2度目のサタリタを迎えます。

いつも毎日が新しい、そんな心持ちで生きられたらと思っているのですが

やっとそれが落とし込めてきたかもなという気がしています。

 

人生は56歳から、ってほんとです。

まあぼちぼちといきましょう。

 

 

21日はひとりコーチング講座 募集中です。

よかったら来てください。

 

| もずく | 火星プロジェクト | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: