←prev entry Top next entry→
はじめての相撲観戦

びびこさんのご招待で

大相撲川崎場所をみてきました!

びびこさんは私のレイキの先生で、

いちばん弱っていたときにセッションを受けたこともあります。

退職してすぐ、2日間かけて歩いて江の島にいったときに

夕暮れの江の島の橋を渡ったところで偶然ばったり会いました。

そのあと一度癒しフェアで握手してもらったかなあ。

5年ぶりくらいでしょうか。

今日は和装がとても似あっていました。

テレビに出ているかただけあって

いわゆるオーラがあるというか、すぐわかる。

 

声をかけてくれたのは天音なおみさんで、

私が会場のあたりに住んでいるということで。

お二人に久しぶりにお会いすることができました。

天音さんも会うたびにぴちぴちして肌が透き通るようで

やっぱりエネルギーを扱う人は違うなあ

と思うのです。

 

行ってみたらマス席!(座布団つき)というやつでした。

 

YUTAKA先生江グロリア先生とご一緒したのですが

YUTAKA先生はお相撲が好きみたいで

いろいろ解説してくれました。

それを聞いて思ったのは

おっちゃんがよく「茶道はおまじないだ」と教えてくれて、

それを聞くKさんが「キリスト教の儀式と茶道にはよく似た動きがある」というやりとりをするのを何回か聞いているのですが、

お相撲も同じだなあということでした。

同じというのは、一つ一つの動作に意味があるという点でです。

YUTAKA先生が持っていた「お相撲事典」。

読んだら面白いことがいっぱい書いてありそうです。

 

しかし、長男や生徒の試合観戦でしょっちゅう行っていたアリーナが

あんなふうな異空間に化けてしまうのだから、

ちょっと魚座というサインはあなどれないわ。

(興行=魚座マターという意味で。

あるいは神事もそうかしら)

 

園児、小学生、中学生が見にきていました。

園児が「みどり!みどり!」と応援するのですが

そのとき双方まわしがみどりで

片方のお相撲さんが「それってどうよ」といったふうに

立ち合いの動きをいったん止めて注意を払っていたのがおもしろかったです。

 

最後に土俵の前で写真を撮ったりしてきましたが

片足をあげて土俵に乗っているかのように見せていた

グロリア先生はやはり突き抜けています。

 

会場にペッパーくんがいて

大相撲占いをしてくれるというので

手を握ったところ顔をじっと見つめて「大関」と判定してくれました。

家に帰ったら「体型が」ということで納得されました。

 

天音さんは横綱だったから違うと思う。

 

灯台屋に持っていきます

 

 

ペッパーくんと会うのは二度目だけど

占いができるとは思わなかった。

 

そんなわけでびびこさんあまねさんありがとう。

 

| もずく | 月的生活 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: