サイコメトリーおもしろかった

おっちゃんの「叡智の道読書会」に出ています。

最近内容が進んで、

自分を見つめるシビアなところから、

もうちょっとスピリチュアルなほうにむかっています。

で今日は、いろいろやったあげく、

紙に包んだものを「読んだ」わけだ!

(サイコメトリーっていうの?

物の持つ情報を読むのです。)

 

紙に包むほうは何を包んだか知っていますが、

読むほうは知らないわけです!

 

私はおっちゃんと組みましてございます。

おっちゃんが私の手に載せたのは

とても軽く四角いものでした。

 

だが、

ん?熱い!なんだこの熱さは!

手のひらが異様に熱いのだ。

 

ほかにもいろいろ浮かんでくることがあるわけで、

べらべら話しましたが

何回もこの熱さに立ち返ってしまったのです。

 

そしてその種明かしですが、

それは、

パウチされた四角い紙だったのです。

紙といっても護符のようなものだったのですが。

 

パウチされていたのです。

それは熱いわけです。

 

ほかのケースとかほかの受講生の方のも

相当におもしろいというか

あからさまというか。

ひとつご紹介しますと

めがねを読んだ人は

「上に毛」と言ったというシェアがありました。

 

 

いやー人生ってこういうことがあるから

マジ楽しいですね!

 

現場からは以上です。

 

 

| もずく | おっちゃん | comments(0) | - | - | - |