たとえそれが負債なのだとしても

定年後が話題になるお年ごろです。

夫です。

若いころから知っている1年先輩の人ですが、

親御さんの財産、ン億ン千万を相続するということで、

もちろんもう働かないのだそうです。

 

さいきんよく思うけれど

お金も家系で受け継がれるわけだし

負債なら子供が返すこともある。

 

ならば精神的にも遺産はあるだろうし

負の遺産もあると考えていけないわけはない

というか、あるだろと。

(私の占星術の先生は

「8ハウスは負の遺産」と言っていました。)

 

みねんこさんがブライアン・クラーク先生の話をよくしてくれるせいか

突然そんなことに気がつきまして。

いや、今まで、自分の価値観で打ち消してきたことなんだと思います。

 

親や家系の想いは、財産と同じで、子供に引き継がれる。

ならば、それに自覚的になって

積極的に引き受けて生きるほうがずっとよいのではないだろうか。

 

自分の今の問題は、自分だけから生じたものではない。

親も同じ思いを生きていたかもしれない。

そしてあなたは、自分のことと思い込んでいるけれど、

じつは親が解消しきれなかった問題を生きているのにすぎないかもしれない。

それでもいいよね、それを解消したら

そこで初めて自分の生が見えてくるかもしれないし。

あるいは自分というものがもともとたくさんの生と入れ子になっているのであろうし。

そしたらたくさんの人の生を一つ進めることになるんだよね。

 

 

まあ話には聞いていたことですが

やっと自分の言葉になってきましたです。

別に霊的な次元の話でもなく、日常的なことだと思います、はい。

 

 

 

 

 

 

 

| もずく | 月的生活 | comments(0) | - | - | - |
そりゃあいやになるよね。

場所を持っているからか

「これでこんなことをしたいんです」という人が多く来ます。

だいたいSNSでのやりとりが発生。

しばらくすると

「やっぱりこれじゃなかった、

わたしはじつはこうだった」

 

そういうことはよくあります。

そういうとき私が思うのは

「このひと、じぶんとどういうつきあいしてるのかなー」

ということ。

 

1)現状満たされていないその人がいる。

2)その自分をこう持っていきたいというその人がいる。

3)そして、何をしていてもどうであろうとも不変の価値を持つその人がいる。

 

他人は、その人が気づかない、見えないところがわかるので

2)とか3)がよくわかる。

 

本人が1)や2)にはまり込んでいると、

2)で失敗したときにそりゃあ自分のこといやになるよね。

 

きほん、「人のせいにする」という表現方法しか使わない人もいるけど

おんなじくらい自分のことはいやになっている。よねー

と思いながら

今日も自分や人をながめているワタシなのでしたー。

 

まあがんばれよ。

 

肯定には、胆力がいるんだよ。

 

ちなみにこのブログは、

教員だったときから書いているし

コーチやめても灯台屋をやめても占星術をやめても書きますよ。

そういうもんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| もずく | 月的生活 | comments(2) | - | - | - |
おっちゃんのリーディングを受けたこと

きのう、1年ちょっとぶりに、

灯台屋をよく借りてくれている

おっちゃんのアカシックリーディングを受けました。

 

尋ねたのは、

・過去記憶に残っている人3人について

・今年以降の自分の学びの方向性について

・家族の今後について

・灯台屋のマイナーチェンジの方向性について

でした。

 

おもしろかった&とっても有益でした。

 

過去の人たちは、過去世での話が出てきました。

 

【過去世は、あるかないかはわかりません。

私はある方向で世界観を構築しているけれど、

ないといわれてもああ、そうかと修正できます。

今はどちらでもこの生に大きな影響はありません。

しかし

「この人は私のなになにだった」と読んでもらって、

「ああ、だからあんなに・・だったのか」

となるときに、解消されるものがあります。

その装置や舞台設定ではじめて成仏する私の分魂

(NLPでいうところのパート、

あるいはヒプノなどでいうインナーチャイルド)

がある。

そういうリアリティだと思います。

このリアリティを極めるならヒプノです。

たとえば、私が、ここで質問した人たちのことが

今も日常生活の大きな妨げになっていたら、

私は迷わず潜在意識に入るでしょう。

すごく大きいことであれば、

信頼している人にガイドを頼むでしょう】

 

「私は今後組織に属しますか」という意味の質問をしましたら、

「入るとそっちにぜんぶ引きずられちゃう」と答えてもらって、

「なるほどなー」と思いました。

切れなくて入り込みすぎて、自分がなくなってしまいます。

なるほどなー。

週1日くらいならいいらしいよ。

 

それと、学びと学び方について方針が立ちました。

おっちゃんの言葉は私の言語マップ(頭の中を表す言葉とか表現)に

よく合っていて、大枠での把握ができます。

イメージを言葉にするのがうまいというのかな。

さゆりん(おっちゃんとツイキャスをしている、さゆりん)

のような視覚型ではないのだけども。

「ここにこう学びに行きたいのだけど」といったら

「スパイするように」と言われました。笑

(別に不正なことではないです)

そういうデザイン力っていうのかな。助かります。

 

おっちゃんありがとう。

 

 

| もずく | 月的生活 | comments(0) | - | - | - |
大切にしていること(欲求)

仕事やそうでないところの対人関係で、

一番何が大事かというのは人によって違うと思います。

 

私は小さいころから考える癖がありました。

どんな人にもお母さんがいて、

そのお母さんはその人を愛したろうということです。

あるいはどんなに私から見て理解しがたい人でも

その人はその人自身を理解しようとしているだろう

ということです。

 

だれにとってもその人やその人のお母さんに

わたしはなりたい。

ということです。

 

私は56歳になった今でもこの希望なり欲望なり癖を

捨てていないです。

大体のことより上位にあります。

 

それで犠牲になったり、立ち位置がわからなくなったりしたことも

ありました。

でもこの欲求はだんだん洗練されてきています。

少しずつよくなり、実現の場が多くなってきています。

 

やっぱりそこには自分の母の姿がある気がします。

どんなに日々の生活や境遇を嘆いていても

近所の人や父や弟のことをこぼしても

母は誰かを否定することがありませんでした。

見事なスポンサーシップを持っていました。

 

それは言葉ではなく深く無意識のうちに私を形作っています。

 

こういった想いのほとんどはトランジットが書かせています。

私も明日はまた違うことを考えるかもしれませんが、

言語化しない深いところで

「誰も否定しない」ことを体現して生きたいなと思っているのは本当です。

いや、「できるだけ多くの人を肯定したい」、

それが「私の人生の願いです」と書いておきたいと思います。

 

 

| もずく | 月的生活 | comments(0) | - | - | - |
今日の*風景

山羊座にいる冥王星を太陽が通過した今日。

毎年この日はあるはずなのですが、

今年はとても印象に残りました。

 

お店は今日から三日間三門さんがオーガナイズしてくれている

コースで使っています。

朝2階に上がってみるときれいにセッティングされていて、

座布団もセットされ、きれいにフィールドができていました。

 

なんだか、自分の知らない可能性を見せてもらったようで

すごいなーと思いました。

 

講師の北條真理さんとごあいさつできてよかったです。

明るくて、おおらか。

九州の人っていわれるとほんとほんとって感じ。

 

三門さんはほんとにこれが楽しみなんだな、というのが

伝わってきて、そのたび、ああ、いいなーと感じます。

 

家に帰って仕事をしようと思いましたが、

やらなくてはいけないことがあるのですが

やりたいことがひとつもなく。

 

夫も年明け出勤と新年会の疲れが出たのか、

珍しくお昼前から寝てしまって。

 

私も横で本を読みつつ寝てしまいました。

 

夢を見ました。

旅館の温泉に入りにきているようでした。

洞窟で、地下に広がっている温泉。

そこで泳いでいるとスーツを来た男の人が来ました。

マネージャーのような人。

今は年末で、これからグループでデヴューすることになっているのですが

(6人だった)

私は降りなさいと。

私は反抗的な口調で「こいつ大嫌い」と思っている、

そんな夢でした。

 

目が覚めてから、仕事用のチャートを出して、

タロットの象徴事典を読んで、

松村塾の昨日今日の動画を聞きながら

ふとトランジットを見たら

太陽山羊17.16、冥王星17.15 でした。

 

師と仰ぐ人のFBの記事が、

昨日から私の一番知りたかったことになっているのですが、

それをなぜか午後まで読み忘れていて、

そのあと読みました。

 

で、さっき、

ここから以後に持ちこしたつまり何かくみかわった

自分の生き方って何があるのかな

って考えたときに、二つ浮かびましたが

一つは忘れちゃった。

もう行動に落とし込んであるので、

理念のようなことではありません。

 

 

なかなか重い日でした。

水星も留かな。

 

で、こういう日に、このようなコースで学んだり、

セッションを受けたりというのはすてきな使い方だと思いました。

 

 

(夕方、買い物に出たとき写したよ。)

 

 

 

 

 

| もずく | 月的生活 | comments(0) | - | - | - |
起きちゃった

 

めずらしく目が覚めました。

教員時代なら普通の起床時間です。

仕事のことを考えるのによさそうな感じです。

| もずく | 月的生活 | comments(0) | - | - | - |
宇宙とわたし

宇宙とわたし

宇宙はわたし

わたしが死んだら宇宙はなくなるの

でも宇宙になってしまっていたら

わたしはなくならないよ

 

| もずく | 月的生活 | comments(0) | - | - | - |
あけましておめでとうございます

今日の朝刊の広告です。

(1月1日付朝日新聞第3部1面を激写)

 

「ローグ・ワン」おととい観てきました。

そんなに期待していなかったのですが、意外にも心に響いて。

 

「‟何者でもない”人々が、団結して、

数も力もはるかに勝る敵に立ち向かっていく姿が

ストレートに心に響く。

「希望」をつなぐため悲壮な戦いに挑む彼らの姿は、

多くの日本人の琴線に触れるはずだ」

(シネマトゥディ編集部/入倉功一)

朝日新聞の広告から引用しました。

ちょっと気になる表現もありますが、

 

「何者でもない人々」

「団結して、数も力もはるかに勝る・・」

「希望をつなぐ」

そのあたり、魚座の火星や、

海王星と火星の象徴にとても合うという気がしました。

 

火星は行動化のサイクル。

太陽の思いを実現する実行部隊です。

 

魚座の火星が牡羊座に引き継ぐものは

ほんの小さな(人類の)希望の炎かもしれないけれど

魚座の時期にみんなで共有した夢は

その炎の中に確かに息づいているんだと感じたことでした。

 

2017年あけましておめでとうございます。

| もずく | 月的生活 | comments(0) | - | - | - |
このカレンダーのどこかで


 

来年のカレンダーを見ていて、

この日付のどこかでいなくなる日が来ないとはだれもいえないよなあと

しみじみしたのが日曜の夜です。

 

来年の今日、また再来年のカレンダーを見つめているかもしれないし、

そうでないかもしれない。

 

生きているということは水面の上にあたまひとつだしているようなもの

この日付のどこかでおぼれて沈み込むことがないなんて

ほんとうにだれもいえないよな

 

しばらくカレンダーを見ていました。

 

月曜、起きてFBを開いて一番最初に知ったのは

小中高の同級生だった人がなくなったことでした。

 

今日も書き込みが続いています。

 

中2のとき美術室で教卓押し付けられて私泣いたんだよな。

 

11月にFBで見つけたときにはすっかり郷里の名士みたいで。

山羊土星はこうでなくちゃなーと思ったのでした。

 

まああたりまえだけど

一日一日大事に生きようというところに行きつきますね。

来年もがんばろう。

 

 

 

| もずく | 月的生活 | comments(0) | - | - | - |
冬至。みんな冬至。

昨日夜 劇を観ました。

図書幻想

 

引き込まれましたよ。

宮前平中に勤めていたときの演劇部の生徒さんが

出演、最後の舞台になるかもだそうです。

演出家の道を歩くから。

 

もしかしたら今まで自分が観た劇の中で一番好きかも。

 


 

今日は冬至ですね。

西洋占星術では冬至は

山羊座の始まりで、

秋分の収穫を集めて乾かして堅くして

持ちよくして

冬ごもるときのはじまり。

以前NHKで、

ヨーロッパで村を上げて家畜をつぶしてソーセージを作る

ドキュメンタリーを放映していましたが

あれが冬至だと思います。

 

東洋ではどちらかというと

陰極まって陽転するときです。

これはおっちゃんと会ってから具体的にどういうことがわかってきました。

新しくすることで生まれ変わる感じですか。

下着とか布団カバーとか替えるといいみたいですね。

(やってねー、あしたか)

夏至と並んで大きくひっくりかえせるときです。

そう意識するだけでも違うかもしれませんね。

 

 

 

 

 

| もずく | 月的生活 | comments(0) | - | - | - |