魚座火星のふりかえり、つづきメモ

先日の記事に 

 

「〇身近な人の感情によく立ち会った。

付き合う、立ち会うことは苦になりませんでした。

しかし、いっしょに吞まれたり味わったりはしませんでした。

その立場でも役割でもありませんでした。」

 

と書きましたが、

そのあと違う見方に気がつきました。

いっしょに吞まれたり味わったりしなかったのは

自分の主観に入っていたからです。

好き嫌い、いやだいい、をおもいっきり味わっていました。

 

〇まるっきり自分と同じ思いだ、と驚いたこともありました。

 

〇ふだん私は「たいへんですね」とか「残念ですね」とか

相手の気持ちに関する言葉を使うのに抵抗があるのですが

この時期はとてもスムーズにそれができました。

自分もそう思ったから自然に使った、それだけなのだとわかりました。

 

そんなわけで、自分は自分で感情を揺らして味わえたことは

とてもよかったです。

このように水を揺らした実感があるから、

今後2年、

乙女をやっても持つのだなと感じ入った次第です。

 

ちなみに

前回の火星魚座の時期(2015.1.14〜2.20くらい)は

nicoさんのアネモネの会のWSや

灯台屋のお茶会にまかちゃんが参加してくれて

クリスタルボウルを鳴らしてくれたりして

今期とはまったく違う体験をしていました。

あのころはWSなどは実験企画をたくさん立てていて、

いってみれば試用期間でした。

やっていくうちに

「もっとたくさんの人に会いたい!」となり、

「場所があったらほんとにやりたいことができる!」

と思い始めたのが魚座ー牡羊座の火星あたりだったように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |
魚座火星のふりかえり

魚座火星期間は1/28まで続きますが、

今日ニコラボで振り返る機会があったので

ホットなうちにまとめておきます。

自分の振り返りです。

 

〇「成功への道」ノートを復活させた。

5年ほど前に作っていた、自分のアウトカムを書くノートです。

次のサイクルの助走のためです。

ぽこぽこと予感とやりたいことを書き留めています。

 

〇寄付を完了させた。

急にまとめなくてはという気になりました。

アレッポの報道に刺激されました。

 

〇身近な人の感情によく立ち会った。

付き合う、立ち会うことは苦になりませんでした。

しかし、いっしょに吞まれたり味わったりはしませんでした。

その立場でも役割でもありませんでした。

 

〇立ち合い切れずにキレた。

12月末新月の日、弟から電話がかかってきたときに激高してしまいました。

 

●全体に不完全燃焼

12月3連休に旅行に行くつもりでしたが都合によりやめました。

そのへんから何かボタンを掛け違った感が。

寄付の延長のようなこと、無償の奉仕のようなことがしてみたいと

夢想しましたが無計画で果たせませんでした。

お正月は親戚筋と過ごすといったSNSの記事に反応し、

そういう環境を作ってこなかったことが寂しくなりました。

家族だけで過ごすことに物足りなさ。

音楽やアート、大自然などと結びついて忘我の境地を体験するのかと

ぼんやり予想していましたがまったくそういった機会は持てず、

「ローグ・ワン」を観たこと(12/30)とカラオケで4時間歌いまくったことが

それに近かったです。(1/2)

カラオケのあとBSで「鴨川ホルモー」も観て夜明かしも普通ではなかったでした。

 

●寒さ、冷え、落ち込み

いつになく不活発でした。

(仕事が遅れていてどうしよう)

 

△仕事はよくしましたが、魚に入らず乙女に走った感があります。

(フォーマットを決めてしまった。)

 

〇とてもよい時間を過ごしてくれた方々に場所を提供できた。

(1/7〜9)

これがとてもうれしかったです。

 

△夢から覚めたように気づいたことがあった。(とくに1/7~今に至る)

等身大の自分、他人、等身大の現実。

よいことだと思うけれど悲しいものもあります。

 

全体的に「わたし」と思える範囲がいつもより広くなっているようです。

 

暫定以上。

 

 

 

 

 

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |
出生の金星に、空の天王星オポジション

空の天王星が私の天秤21度金星にしばらく180度をとっています。

最後の正確なアタックが9日でした。

 

以下ピンポイントで、

1回目 2016.4.12

ブログで金子みすゞのことを書いています。

「私と小鳥とすずと」の「みんなちがってみんないい」

の「いい」は、評価の「いい」じゃなくて

存在の承認としての「いい」なんだろうな、

といったようなことを前から書いてみたかったのが急に書けました。

 

この月の満月ではかなり強い腰痛になりました(腰は天秤座=金星)

その痛みが最高潮に達したときに起こった出来事もあり、

それはもうしびれるような経験でした。

 

2回目 2016.12.19

FBがとても苦手で、何を書いていいかわからなかったのですが、

この前日から何でもない挨拶のようなことをこれも急に書けるようになりました。

それと、同じくFBの中のある勉強会で、

以前から疑問に思っていたことを講師の人が書いていて、

それに質問して回答をもらうという流れがありました。

以前からその人は同じことを説明してくれていたといえばそうなのだけれど、

自分が質問して自分に答えてもらうという、

@の機会をつくれたわけで、そこに認められた感じが持てたのだと思います。

 

3回目 2017.1.9

認めてもらえなかった、評価されなかった、と思えたことがありました。

ぐったりしてしまったけれど花粉症のせいかもと今日気がつきました。

 

ほかの天体のアタックもそうですが、天王星長い、トラサタは長いですね。

オーブをとると2015年6月から2017年2月くらいまでは十分オポジションです。

 

まだまだ印象的なことが起こりそう。

とくに明日は満月ですし、

私には軸に乗る天体が多く何重にも金星が効いている配置です。

 

金星天王星、

金星を「自分の大切にしていること」、

天王星を「改革」とすれば、価値観を見直したり発見、啓発の機会ですし、

天王星を水瓶や11ハウスを表すものとすればそれは他者(多数)の評価や承認です。

それはほかの人の持つ価値観を突き付けつけられる機会かもしれませんし、

自分の大事にしていることをみんなの前に持っていって

どうかな?とみてもらうことになるのかもしれません。

 

天体は人に投影されることが多いです。

またはそういう機会を人がもたらすというべきでしょうか。

まえにみねんこさんのWSで木星リターンについて話しましたが

私の場合、木星はすべて人でした。

今回もそうみたいです。

 

出生の金星に空の冥王星のスクエアは来年です。

これはどんなんなるのかな。

またじっくり体験したいと思います。

 

 

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |
水瓶火星

火星は公転周期2年。

つまり12サインを2年で一周します。

今は水瓶座に滞在中です。

nicoさんの勉強会で「水瓶火星どうですか」と聞かれて

即答できませんでした。

山羊火星のときやったことは

1、タロットのレッスンを受けてテキストを作った

2、床をよく拭いた

3、服を捨てた

4、よく仕事をした

5、ブログを毎日書くようにした

テキストなんて全く作る気にならなかったけれど

なぜかそれがしたい!と思ったんですよね。

そういう気持ちが持続したのは初めてでした。

 

そして、たしか11月9日あたりから火星は水瓶。

水瓶は風の不動サインなので

知識や情報に刺激を受けるはず。

自分は動かず、

俯瞰した視点を持とうとするはず。

 

ということで、気づきました。

珍しく講座を受けにいきました。

それも二日続けて。

それと、ブログにちょっと乗せたけれど

カードを使ったコーチングをやってもらって

とてもおもしろく感じたのでした。

風に吹かれて風を入れました。

自分自身もWSやって風を吹かせてきましたね。

 

みなさんはいかがでしょうか。

 

19日には火星は魚座に入ります。

またどうなっていくか楽しみです。

 

「つらいと思うときは自分のことばかりを考えている。

周りのことを考えれば必ず出口は見つかる」

と今日(12/7)の朝日新聞の「ひと」欄のアグネス・チャンのことばです。

 

そして、そうでない時は

誰よりも自分に関心と興味を向けて

「このひと何していくんだろうこれから。楽しみね」

くらいの気持ちでいくといいかもしれませんね。

 

 

 

 

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |
nicoさんの勉強会でした‐私的な2016振り返りその1

 

   

今日はnicoさんの勉強会で、

来年の過ごし方がテーマでした。

「今年一番印象に残っていること」を尋ねられて

「母が亡くなったこと、、そのころ毎日猛烈に忙しかったこと」

と答えました。

 

そのころの、超ハードながら目標があって、

活力が持続して、という状態がとてもよかったのですね。

しかし私は母を転院させて10日間くらい、

一度しか見舞いに行けませんでした。

ほったらかしなまま母は亡くなりました。

 

惑星でいうと火星土星合スクエア海王星の話かと思うのです。

「土星があってよかったですね」とnicoさんはいいました。

火星海王星のスクエアだけならば

広がりすぎてどうしようもない、というわけです。

海王星は自分の範疇ではないものをたくさん見せてくるのです。

 

突然、私は母が亡くなる前日のことを思い出していました。

NLP研究所の出張講座のアシスタントにいれてもらった日です。

とても充実感がありました。何かコツのようなものをつかんだ日でした。

最寄り駅に戻り、駅前商店街のお祭りに立ち寄りました。

ビールを買って飲み歩きしていたら

母がこの間まで入院していた病院の主治医にばったり会いました。

そのあと家に戻るときに今度は親しかった元同僚にばったり会いました。

誘うともなくそのまま飲みに行こうとしたのですが

何か止めるものがあってやめました。

そのあと店の属す商店会のイベントに参加表明していたのを思い出して

そちらに向かった、と。

寝るときまでかなり充実感をもっていたはずです、たしか。

 

まあそんな日が、この日ばかりでなくしばらく続いていたのです。

私はずっと満たされていました。

熱も出したしくたくたで、

この数日後の予定のない日を心待ちにしていましたが、

目の前のことをすべてやろうとしていて、

人生いつもこのくらい動けていたら幸せだと感じていました。

 

しかし今日ははっきりわかったのです、

この光景の中にはほんとうにしなくてはならないことは

あまり含まれていなかったのです。

疲れていても動けたのだから

むしろ母のところにいけたわけで。

 

上の図はその夕方のチャートですが

火星は土星を過ぎ、

海王星に思い切り広がされていたという感じがイメージできました。

 

次の日からはすべきことは母の葬儀になり、

それだけをやればよかったので、

目標がはっきりしていてよかったのですが、

たいへんに非日常な世界で、それもやっぱりスクエア海王星でした。

 

社会ではイタリア地震とか、迷走したした台風とかかな、ありました。

 

えーと、2017開運星読みコーチング やっています。

今年の振り返りと来年の目標が90分でできるという

大変コンパクトで使い勝手のよいセッションとなっております。

一緒に来年のよりよい過ごし方を考える時間が持てたらと思います。

ぜひご検討くださいませ。

 

お問い合わせは コチラまで!

 

 

 

 

 

 

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |
連絡をもらった瞬間

しばらく連絡が取れなかった知人から電話が来た瞬間です。

彼女と私の月と今日の月・ドラゴンヘッドが

ディセンダントでコンジャンクション、

太陽が射手座にイングレスというか蠍を抜けたばかりというか。

このまま浮上といきたいです。

11ハウス金星冥王星、金星再生がんばって!

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |
気持ちいい刺激と集中

 

 

昨日の「マンデン占星術ヨーロッパ編」開催中、

倉本先生が千代の富士の確かアセンダント?のサビアンの話

(天秤2度)をしてくれていたとき。

1度はアイドル度数で2度は環境からのリアクション

という話。

とっても倉本先生のよさが出ているな〜

と感じた瞬間でした!

 

自分メモ。

 

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |
昨夜

 

 

 

知人が疎外感を訴えてくるとき。

 

月は水瓶、火星は7ハウスカスプ上にあり、

水瓶にイングレス直前です。

今回は、自分の身近な人のことで

過去の想いが蒸し返されるというかたち。

 

前回もよく憶えているけれど水瓶座に金星が滞在中で、

みんなに一人にされた、という訴えだった気がします。

 

アセンダントは蟹座ですから、

所属がうまくできないという問題なのですが、

 

一人で平気な自分、でいいんじゃないかなと思います。

なに友とかいらなくない?と思えてしまいます。

 

かかわる人とかかわりかたを変えていくときなんだと思います。

 

ブログは読む人だろうからこれも読むかな。

 

もっと彼女に合った世界と交友があるような気がしてならないのでした〜。

 

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |
アウトカム

 

むくむくとやりたいことが湧いて出てくるとき、ありませんか?

私はあります。

 

おおっ、それについて書こう!

とおもったわけなんですが、

画像がなぜかアップできなくて1時間くらい格闘しました。

長男が来たのでやってもらったらすぐできました。

 

やはりアセン射手でした。(そこか)

でももう書きのこすモチベーションは失われてしまいました。

内容についてはまたいつか。

 

全然関係ないけれど火曜日は図書館に行きたくなります。

でも今日は仕事なのだなー。

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |
今朝のこと

鑑定の問い合わせが来ました。

メッセージが来た時間のチャートです。

鑑定をするかどうかはわかりません。

 

アセンダントは射手座の2度です。

相談の内容は聞いていないのでわかりませんが、

なにかしがらんだものから抜け出して飛躍することがテーマなのです。

溶け合ったものから自分を引き取って、本当の自分になりたいのです。

しかしそれができないから苦しいのです。

2度はまだ若い度数で、やや早すぎる、前のめりな感じもします。

アセンダントのルーラーの木星は天秤座にあり、11ハウスです。

特に力はない。でも太陽の先触れだし、

何とかこれを恃みにといった感じがあるかもしれません。

11ハウスということを考えると、

人の中できちんと認められたい願いがあると思います。

自立したもの同士関係を築き自由にのびのびと交流したい、

自分にもそれをやる権利がある。

 

昨日は蠍の新月でした。

月は太陽から14度離れてまだ同サインにとどまっています。

どちらも隠れた12ハウス。

ぐっと肚にためて口を結んでいるようです。

でも月はバイアコンバスタからは抜けましたから、

ぽこっと息をついたのかも。

 

MCICにノード軸がぴったり重なっています。

飛躍といっても今まで身につけたものを捨て去らなくてよいし

そんな必要はないので、

それを土台に、学んできたことを使って、

さらに高めていけばよいという感じがします。

 

1ハウスの金星土星が、いいもの持っているから意識して、

といっているように思います。

 

 

 

| もずく | 占星術雑感 | comments(0) | - | - | - |