今年やりたいこと

自分メモですよ。

今年のアウトカムです。

 

〇キャンプに行く。

〇火を燃やす。

〇燻製をつくる。

〇英語の本を読む。やさしいやつ。

〇カメラを買う。

〇大阪に行って上野さんに会う。できれば学ぶ。

〇早口言葉を練習する。

〇顔の下半分に注意を払う。表情筋を鍛える。

〇皮膚科に行く。

〇耳鼻科に行く。

〇歯医者に月に一度は行く。

〇ものごとのしくみを知る。理科と社会。

〇西洋占星術のお子様向け占いをつくる。

〇200セッション。

〇月に一度三連休をとる。

以上

| もずく | アウトカム | comments(0) | - | - | - |
吉祥寺カフェの占星術イベントで未来を創るワークします!

2年ほど前から心理占星術家のnicoさんについて学んでいます。

ニコラボという研究チームにも入れてもらっています。

ニコラボでは「火星プロジェクト」に取り組み、火星手帳を作成中です。

火星のサイクルを意識して生活しよう、何か達成するのに役立てよう!

という試みです。

もうひとつ、先月から吉祥寺のシェアカフェで月一回の占星術イベントを開いています。

今月は11月24日木曜日(お。あさってだよ。。。)

今月のテーマは射手座です。

射手座の生態について話し合う射手モヤ!

モヤ解消となるか、もっとモヤになるか!

しかし大きな収穫が、あるんじゃないかと思います。

そして後半は私が「未来のビジョンを育てよう!」のワーク。

NLP研究所で学んだことをベースに

火星と木星の象徴を意識しながらペア対話形式で

1年か2年後くらいの自分の未来にやりたいことをはっきりさせていこうと思います。

近い将来叶えたいことややりたいことがある人、

または全くない人にも来てほしいと思います。

どうぞよろしくお願いします!

 

お申し込みはnicoさんのブログ 

| もずく | アウトカム | comments(0) | - | - | - |
ビジョンボードのこと

ビジョンボードをつくるのは
「心根すべてが自然にそこ(在り方)に向く」状態をつくりたいからです。

そこに描きだされたものが環境レベル(モノがほしい)であっても
能力レベル(○○ができるようになりたい)であっても
アイデンティティレベル(あの人のような○○になりたい)であっても
それはそのレベルだけを表しているわけではないです。
全部つながっています。
だから、ひとつのレベルを動かすと他も動かずにはいないのです。

さらにはそれが
自分についての望み(年収いくらの○○になりたい、尊敬される○○になりたい)
であっても、
それを突き詰めていけばいくほど
それはミッション(自分にしかできない使命)や
ビジョン(大きなシステムの一員として、この世に創り出したいこと)
をつよく呼びださずにはおかないと思います。
それは表裏一体のものなのです。
気づくのにはひとひねり必要だけれど。

逆に言えば、目標を持ってそれをボードに表した時点で、
すでにかなりのものは手に入っているのです。
そして自分の心理状態が目標に向けて収斂され、
生活や行動の変化を見たら、
もうあなたはその大きなゴールに向かうレールに乗ったわけです。

といって楽しみながら気楽につくるものなので、
そんな変化が起きたらひょうたんから駒、くらいに思って、
これからも取り組んでいきたいものです。

| もずく | アウトカム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今がつらいとき
こんにちは。
星読みコーチ まるおかよしこです。


今がつらいとき人は、

環境が変わればいいな、と思っている。

春から上司が変わればいいな、
転勤できればいいな、

あの人がこうなればいいな、

たくさんお客さんくればいいな。

これは
あのひとがこうだから
このひとがこうだから

私はこれしたいけどできない

という被害者意識とまったく一緒だなーと思います。

いつのまにか
「あなたメッセージ」ばかりになっている。

周囲に変わってほしい気持ちは切実でも
切実であればあるほど
そこにまっすぐ突っ込んじゃだめです。

それはイリュージョンだから。
それはもう終わっています。
その中で残したいことはなに?

境界線を一本引いて
ぴょん、と飛び越しましょう。
今日は自分のやりたいことをやっていいのだ。




星読みコーチング やっています。 90分 15,000円

3月18日水曜日はビジョンボードワークショップ 12:30〜14:30 3,500円

お申し込み・お問い合わせは ymaruoka@u02.itscom.net












| もずく | アウトカム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「願った」「かなった」メモ
 お客さんから願望実現について質問されて、
「あれっわたし、わりとその仕組みについて説明できないんだな」ということに気づいた。
ちょっとショックだった。
人に聞かれたのが初めてだったということもある。
(聞いてもらってうれしかった。)

仕組みといっても、考え方のこと。
目には見えないものなので証明するたぐいのことではない。
自分はそう信じているというだけ。

その人には「願っただけでなぜかなうのか」と尋ねられたと思う。

願ったことが実現すると、「願った」「かなった」というセットができる。
その間に「努力した」とか「これこれの問題点に遭遇した」「いくつかの選択肢に迷った」
というようなプロセスが、もちろんあるが、それが問題にならなくなる。
ワープする回路ができる。

「終わりよければすべてよし」というのは、このこと。

このセットを経験することが大事。

大きなことだと難しそうであれば、小さなことからやるといい。

「行動しているのか」と聞かれれば、行動している。

「願った」とき、はっきりした願いは
「自分に対する宣言」でもある。
(これだけでもたいへんなこと)
宣言すると、それを前提として人は動く。
人にもわかる。
わかったら他人は手を貸してくれる。
人は他人を助けたい生き物。
いろいろあっても、素ではそうだと思う。

| もずく | アウトカム | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
木の上のふたり
mituisihagaki.JPG

こんにちは。

「どうしたら成功するか」についての
HAW TOを
書いている人はいっぱいいるけど、
成功の瞬間については
あんまり書いている人見ないかな。

望んだものが手に入った瞬間について
みんなもっと書けばいいのにと思う。

私には
思い描く光景というのが二つある。

それが起こったら、
半泣きになって
あっ、あっ、ああーってなるだろうということ。
生まれてきてよかった、
生きていてよかった、
これが私だ、
神様感謝します。

ってなるだろうということ。

それが起こる場所、時間、
周りの様子。

私はそれを自分で考えだすことはできなかった。
しかしある方の体験を聞いて、
「ああー、そう、それだ!」と思った。
ビンゴだ。

涙が出てきたのだった。

あ、今気づいたけど、
その光景が手に入っただけで
私もう泣いちゃってた(笑

見つけられたことがすでに稀有なことなのだと思う。
その話をしてくれた人と出会ったこと含めて。

あとはそれに向けて進んでいくだけ。

写真は、魂の学友から昨日届いたはがき。
笹沼香さん →  のポストカード。
アニマ(猫)と智恵(フクロウ)はいつもなかよし。
| もずく | アウトカム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
前に進みたいとき

hennnazakitodai.JPG


前に進みたいけれどうまく進めない。

そんなときがありますね。


あなたは どうしたい のですか?

そうしたい のはたしかですか?

そうしている 未来と そうしていない 未来、どっちがしっくりきますか?

目標やなりたいもの、手に入れたい状況は見えていますか?

はっきり見えていますか?

そうなったら、どんなふうにして、
あなたはそれが「かなった」と知るでしょう?


いま、どうしてそうなっていないのでしょう?

「〜だから」
「〜だから」
「〜だから」

それが、あなたを「止めているもの」です。そう考えることにしましょう。

「なりたいもの」と「止めているもの」を分けて考えてみましょう。

これが、「進むことに慣れる」ための思考の第一歩・・・。


(写真は宮古島平安名崎灯台 
すごく歌のうまい男の人が受付でサンシンを弾いて歌っていました)









| もずく | アウトカム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
少し前に
 ヒプノセラピストの谷原さんがちょっと前に私のことを書いてくれた。
たいへんうれしかった。

星月夜〜ヒプノで日々是好日!
「丸岡さんと、その他いろいろ」→ 

自分のことを書いてもらったのもうれしかった、
「人に寄り添う」ということ。
それすごくうれしかった。

そしてそれ以上にうれしかったのは、

>ここから先は丸岡さんにしかわからない事なのですが、
あのセッションの時に悩んでいたことは、
あの後に、すっと次の啓示が来てですね、無くなってしまいました!
今、本当に無くなってしまったんですよ!!

これがほんとうにうれしかった。

そして、

>それはあの時、丸岡さんに補助してもらいながら言葉にしたからこそ、
「あ、わたし、こんなに気にしてたんだ」と思えたからこそ、
それに対応することができた。
(傍線は私が引きました)

そうなんですよね。
セッションて、セラピストというガイドはいるけれども、
何を問題とするか、どう解決するかは
クライアントの「仕事」。

それがほんとにわかっている谷原さんだからこそ、
鮮やかにその問題を解決された。
優れたセラピストは、クライアントとしてもまた優れていると、
感じたことだった。


そうしたことはだれでもやろうと思えばできる。
ただ、問題解決にまっすぐ向かう自分になるには、
日ごろから自分を耕しておくことが必要だ。
自分の状態の何が問題かを見極める力をやしない、
自分は何のために生きる人か、
何が大事かを日々考える。
そのためにいろんなツールがあり、いろんな努力のしかたがある。
瞑想もいいしNLPでもいいし、セッションを受けるのもいいし。

谷原さんのブログはそういったことのヒントが満載だと思う。

谷原さん、ありがとうございました☆



| もずく | アウトカム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ワクワク殿堂

私の頭の上のほうに「ワクワク殿堂」がある。
最高のワクワクを体験するとその体験は殿堂入りする。

30代の私の殿堂体験は、
横浜カウンセリングセンターの夏の研修会でのものだった。
小グループのエンカウンターになっていた。
あるていどグループがまとまってくると、
講師が詩の授業をやってくれる。
最初はいつも朗読から始まる。
訳も分からず読んでいる。
質問に答えていると視界がパーっと開ける。
気づきがボコボコ生まれてくる。
そのあと読むと、あら不思議、
朗読が全く変わるのだった。

最近の殿堂体験は
ラクシュミー先生のタロット講座だ。
カードの裏には、
完璧なアカシックの体験がある。
そこを17枚のカードの情報でくみ上げる。
ここまでやれるのか!という、達人の域だ。
そこには一貫したロジックがあり価値観がある。
そして細かなことでも差異を見分ける磨き抜かれた感覚がある。

そしてもう一つの殿堂体験は
NLPエグゼクティブ・コーチングのオープンセッションだった。
「普通の」会話の中で、ここまで気づきが起こせるのか!
普通の会話なのに!いつか普通じゃなくなっている・・・。
「エグゼクティブ」は「妥協しない人」「極上を知っている人」の暗喩でもあると私は思う。
実は地上の誰でもがそんな人であると私は思う。


ともあれ、こんな体験をしたくて、その仕組みを体験したくて、
学び続けている。
いや、結果的に学んでいるだけで、ワクワク体験に行く。

そこに至る道はアウトカムが高ければ高いほど
遠く険しいかもしれない。
でもアウトカムが高ければ高いほど
ワクワクは強い。
引き寄せる力が強いから、向かっていく。挑んでいく。

もうおわかりでしょうけれど、
私は「達人」に惹かれる。
そしていつかは、自分の起こした体験をもって、
殿堂に住みたい。
住めたとしたらそこはもう殿堂ではなく私の場所で、
そこには多くの人が出入りする。
ワクワクからたくさんのことを汲みに。
かつて私がそうしたように。

私のネイタルの土星は、山羊座12度。
サビアンは
「自然科学についての図解された講義が、
ほとんど知られていない、生命の側面を明らかにする。」
土星は、人生の完成点のイメージだ。

今空の冥王星がこの上を行ったり来たりして、
もうこれが最終チャレンジだよ、と促してくれている。
私の土星は水星と正確にスクエアなので、
私はまずコミュニケーションの分野で、
「ほとんど知られていない生命の側面を明らかに」していきたいと思っている。


| もずく | アウトカム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
最近の夢
 夢、だいぶはっきりしてきました。
このブログを立ち上げた2010年は、
ブックカフェを作りたいということだけでしたが。

20人〜35人くらいの流動的メンバーの集まる場所が作りたいと思うのです。
集う人の職業は、セラピスト、カウンセラー、コーチ、占星術師、占い師、
医者、看護師、芸術家、教師など。
専門外の分野に理解があって、境界越えが探求のプラスになる人たち。

そこでは、少人数すぎて会場が取れないような専門性の高い講座をしたり、
何か知るため、考えだすために集まったり、会話したり。
本も壁いっぱいにあります。

カフェが併設されていればなおよい。たぶんいると思います。
こっちがメインかもしれない。
庭があるともっとよい。
誰が来ても大丈夫。
あるていど閉じ、あるていど開かれ。

私はコミュニケーションのプロとして、
何か教えたり、集まる人のスーパーバイズをしたい。

そんな感じです。
だいたい7年後くらいを目標にしています。

まずコミュニケーションのプロになろうと思います。
まだまだ勉強しないといけませんが、
たぶんこのままやっていけばなんとかなるかなと思います。

またさくぶんの世界になってしまいました。
| もずく | アウトカム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |