灯台屋1歳の図
SR2014.jpg 

灯台屋2014SR図を出してみました。
みごとに軸がグラコロ化。
| もずく | 就活プロジェクト | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
灯台屋1周年
room.JPG

おかげさまで今日灯台屋は1周年を迎えました!
またいっそうがんばりますよ!
 
| もずく | 就活プロジェクト | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
名刺ができました
灯台屋(消しゴムはんこ)「 開運名刺デザイン工房」の吉田結妃先生に、名刺を作っていただきました!

吉田先生のことは、ツイッターで知りました。
松村潔先生の9区画の絵画メソッドを元に開発した独自の技法でレイアウトなさっていることや、
コーチングの技術も身につけられた占い師さんということで、NLPを使っていきたいと考えている自分としては「ぜひこの方に」と考えていました。
ヒアリングしていただいて、「灯台屋」という「屋号」と、本に埋もれて育った成育歴などから、それこそ一瞬のうちにイメージを決めていただいたみたいで、そのイメージがこちらにも流れ込んでくるように伝わったので、自分のほうのコンセプトが逆にはっきりするという、サイコーな時間でした。まさにコーチ!

名刺は情報量を多くしました。最初に作るものなので「言挙げ」のつもりです。ウエブ上にデータがある「アイボス名刺」で作っていただいているので、細かいところはあとから自分で直せるということでしたので、あまり悩みませんでした。

灯台のマークは左肩の天王星エリアに入れていただきました。私は、NLPの技法と占いを融合させることを考えていますので、オリジナリティという点で、天王星じゃないと。
裏のマークの位置は右下の金星エリアになっています。やっぱり、好きなものに囲まれた、楽しい空間がつくりたいのです。女の人の笑い声が聞こえるように。(ちなみに私のホロスコープでは天王星と太陽の中点に月があります。そして金星は天王星とセクスタイルです。)
そんなわけです。


★「開運名刺デザイン工房」の、私の名刺ご紹介記事はコチラ

★今回作っていただいた私の名刺はコチラ
| もずく | 就活プロジェクト | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
春分点を越えて
 

皆様こんにちは。

川崎は春らしく暖かい日です。

柳の緑がすっかり濃くなりましたね。白木蓮も先週あたりから咲いています。

ところで今回の地震の被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

亡くなられた皆様、ご冥福を切にお祈りいたします。

 

惑星とくに土星以遠の惑星がサインを越えるときは、何か大きな出来事が起こることが経験的に予測されます。今回の地震は、牡羊天王星とその後に続く約80年(このサイクルを名づける言葉を持ちませんが)のスタートの、あまりにも大きすぎる地響きだったと、いえばいえるでしょうか。

 

占い師ならば、今回の地震について何か予測していましたか、と尋ねられることが多いでしょう。私も聞かれました。

自分の中で思い当たることは「ヒア・アフター」(クリント・イーストウッド監督。死後の世界と関わった人たちの不思議な縁を描いた映画で、冒頭、津波で始まります。この地震で上映中止になりました)を強く「観なければならない」と感じて、観たこと。だけです。

あとは、3月11日あたりに起こることを、けっこうわくわくしながら待っていました。

 

地震が起こったとき、何を感じて、どう動いたか、振り返ってみたりしましたか?これは、これから始まる時代を指し示すものの一つとして、非常に重要だと思います。このようなことが確か松村先生の日記に書いてあった気がするのですが、記述をさっき探したけれどどうしても見つかりません。あとでまた読んでみます。

 

私は職場にいました。席が入り口に近いので、誰よりも早く部屋を出て、ときおり悲鳴(悲痛なものではありません)の聞こえる階下に降りていきました。そして外へ出て、集合場所で、二人の女子に会い、いっしょにいることにしました。牡羊座と魚座の娘たちでした。その前かあとに集団に集まる場所を指示したのですが、記憶が前後していて定かではありません。

 

強い地震のときいつも感じるような「ついにきた」という思いはあまりありませんでした。揺れ方のせいかもしれません。とにかく「大丈夫、やれる」という確信と「困っている人のところにいく」という二つのことで、頭はいっぱいでした。組織で動いたので、あんまりたいしたことはしていなかったわけなんですけれども。

 

それと、ミズマチマユコ先生の日記を読んで気づいたことですが、今のようなときは「何をしたら落ち着き、満たされるか」を知っていると楽です。これは、ネイタル月のテーマです。事態が落ち着いたあと、自分の机に戻って私がしたことは、紙を捨てること。いらないものをえんえん、破っては捨てていたのです。私は月乙女なので、掃除や整理整頓で気持ちが落ち着くといわれています。しかし、ふだんめったにやりません。よほど気持ちが追い込まれていたのかなと思います。

 

まだまだ、先の読めない日が続きます。これからの日々の中で、誰もが、ルーティンな日常の中では気づかなかった自身の新しい面や力を発見すると思います。それを楽しみにしてもらえたらうれしいなと思います。

 

| もずく | 就活プロジェクト | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春いちばん千駄ヶ谷メモ

こんばんは。
今日は暖かい日でしたね。
午後仕事を早びけして、千駄ヶ谷の松村先生の事務所におじゃましました。
菊池文人先生の「ガイド相談室」が今日だったのです。
菊池先生は、予約の時間にドアを自ら開けてくださいました。
その笑顔に緊張が解けました。

たくさん質問をしたほうがいい、とお友達から聞いてはいたのですが、
浮かんできた質問は3つだけでした。
「ガイド相談とはどういうものですか」
「2年後に占い師になるつもりですがそれでいいですか」
「引きこもりの弟がいますがどういう接し方をしたらいいですか」

こんなにズバッとは聞けませんでしたが、まあだいたい。

菊池先生は、18年前中学生だったときから、
自分の「ガイド」である「じいさま」とお話ができるようになったのだそうです。
よく子供は見えない存在とコンタクトをとることがあるといわれますが、
そういうことを大人になってもやっていますという意味のことをおっしゃっていました。

それはどのようなカテゴリ(心理学とか哲学とか大脳生理学とか)でも説明可能ですが、
証明はできない、イメージ上の確たる現実、ということのようです。

それで、私のガイドについて話してくれました。
イギリスの人で、女性で、教員だそうです。プロテスタントで、
女性の権利やフェミニズムについて、先進的な思考を展開する人だったようです。

菊池先生は「ガイドを目の前にしてなんですが、相当な賢女です」と
ちょとはにかんだようにしておっしゃいました。

これについては驚きました。
というのは、私は二十歳すぎのときフェミニズム的思考にハマり、
ジェンダーについて考えすぎて、
四六時中言い続け書き続け、
夫に(まだ夫ではなかったけれど)愛想を尽かされそうになったからです。
数年でその熱は冷めましたが、不思議な現象でした。

それでまあ、私が今の仕事を辞めて占い師になることについては、
人生において「一歩前進」することだと認めてくださいました。
涙が出ました。
もう決まっていることなので、だめといわれてもやるんですけど、
認めてもらったほうが嬉しいですよね。
今の仕事より、より人の人生に深くかかわることになるところが進みなのかなと思いました。

私は、運命論的な占いではなく、「こういう能力があるからこう使ったらこういう生き方ができるよ」
というふうにクライアントを諭し導くことができるそうです。

今の仕事についても大事な話をもらいました。
それは以前、ほんとに困った状況だったとき、
雪の石さんやるのんさんに占ってもらったことととてもよく似ていました。
いや、ほぼ同じだったのです。
状況が変わってもそれは変わらないんだと思いました。
自分の良いところを自分で認めていればいいのです。
私はとかく同僚にエネルギーがいってしまう傾向があります。
認められたいし一緒にやりたい。でもそれは、大切なことではないようです。
大事なのはクライアントだと、それこそ諭された気がしました。

そして、いつも感じている通り、占い師になることは、今の仕事の延長上にあり、
自分の信念や理想をもっと明確にすることであるのです。
そんなふうな力づけをもらいました。

最初は若い人が来るそうです。
高校生とか・・・。私は自分より少し若いくらいの人なのかなと思いましたが、
もっとずっと若いようです。それならそれで学割を設定します。
カウンセラー的役割をとるのがいいようです。

菊池先生がおっしゃるには、「ガイド」はついている人の人生に対して
強制力を持たないのだそうです。
ナビゲーションをしてくれる存在だそうです。
雑音が多ければ聞こえなくなってしまうような、
小さな小さなメッセージを発し続けてくれるみたいです。
でもそれは、無意識のうちに、われわれは受け取っているようです。

そのあと弟のことを話してもらいました。ほんとに苦しい思いをしているといってもらいました。

ところで、セッションの途中で、風のように松村先生が入っていらっしゃいました。
青っぽいフリースを着てらしたかな。
5年前より若く見えました。
てか、わたしより7つ上とか、とても思えません。
二度目に入っていらしたとき、ちょっと首を回して注意を向けてくれたように思え、こうふん!
ちゃんと挨拶しそこなったので、またお目にかかりにいきます。

事務所を出てから、鳩森八幡神社に寄り、
(ここでまた帰られる菊池先生にばったり)
仙寿院トンネルを通って駅に戻りました。
地理がわかっていたわけではないんです。歩いていたらあったということでラッキー。

明日からまたがんばります。本業も副業も。
あと2年です。

| もずく | 就活プロジェクト | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
実占会のこと

立春を過ぎましたね。
本格的に辛卯の年が始まりました。
どんな年になるかなあ、と夢を膨らませています。

先月のことですが、
占い師の雪の石さんが声をかけてくださり、
実占会というものに参加してまいりました。
無料リーディング会とでもいいましょうか、
占い師の卵さんが、私含む4人のクライアントの質問を占ってくださり、
デビューにそなえるというものでした。
場所は都内のファミレス、晴れた風の強い日でした。

私は初めてそこで雪の石さんにお目にかかりました。

これはもう、口では言えない感激でした。
彼女が大阪にいたら、彼女が生徒さんを持たなかったら、
こういった機会はなかったかもしれないのです。

初めてお会いした雪の石さんは、
ほんとに雪のような肌の、
すっきりとして華美なところのない、
でもとてもセンスのよい(やはりアート系・ものづくり系と思われました)
人の気をそらさない、落ち着いた物腰の方でした。
口調も気持ちよく速く、動きもそうだろうと思われました。

なぜか髪が長い印象がありました。
そうだ、去年ショートにしたんだった、と思いだしたのはだいぶたってから。
終わってルノワール(やはりここは松村先生ゆかりのルノワールでなければ)で
お茶をしました。
そのときはそれから何回かお目にかかれることになっていたので、
また来週、みたいなぜいたくな気持ちで別れました。

実占会のほうは、
一言でいうと、参加させていただいたことで、
自分のグレインサイズがあがったとみたいです。
一つの流れを見たことで、占うってこういうことか、っていうのが、全体としてわかった・・・。

その占い師の卵の方はシータヒーリングをなさっている、プロのヒーラーさんなので、
たぶんカードは一つのツールになっていくんだろうなということがうかがわれました。
後半になるほど調子が出てきて、いつから始めても大丈夫だなあと思いました。

そんなわけで、あんなふうに読み会をやるのもいいかなと考えているところです。
いろいろな立場や見方を経験できるので。

今、占いに関しては吊られた男状態。妄想ばかりが膨らみます。
でもまあ、瞬間瞬間、できることをやっていきたいと思います。

| もずく | 就活プロジェクト | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ありがとうございます
110116_2159~01.jpg
ハンカチほしいなーと先週思ったのです。星座柄すてきです!感謝ですー。
| もずく | 就活プロジェクト | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ありがとうございます
110115_2100~01.jpg
お客さまにいただきました。うれしかったので、いつも思いだせたらなと思って。
| もずく | 就活プロジェクト | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
宇宙にアナウンス

こんばんは。

早いもので新年も11日経ちました。
子どもたちも新学期が始まりました。
あ、2期制か。
でも冬休み明け最初の学活では新年の目標など立てたりすることも多いと思います。

目標を立てるときは、いくつかコツのようなものがありますね。

一つは、否定形を使わないということです。
どうしてかというと、脳は否定形を認識できないのだそうです。

よく使われる例えですが

「シロクマじゃない動物を思い浮かべてください」
と指示されたとしましょう。

そのときあなたの頭の中には、どんな動物が浮かんでいるでしょうか。

そう、「シロクマ」・・・。

いきなりウサギとかパンダとかチータが出てくることはまず、ないでしょう。

その伝でいくと、「遅刻をしない」という目標だと、
「遅刻」がいつも鼻の先にぶらさがっていることになります。
ですので、「8時15分に校門をくぐる」などとすると、
より望ましい状態が明確になるでしょう。

以上はNLPで教わったアウトカムの創り出し方そのままです。
しかしまあ、これは慣れないあいだは難しかったです。
否定形を使った表現そのものに捨てがたいニュアンスがあります。
また、「望ましい状態」がストレートに思い浮かばないことも多いです。
抵抗した時期もありましたが、ある時から割り切れるようになりました。
アウトカム言語とも呼ぶべき表現の仕方をほかの表現と区別したからかもしれません。
難しい時は、目標をチャンクダウン(砕いて小さく)して、
簡単に思い浮かぶことからやってみるのがいいかなと思います。
ストレートでクリアなアウトカムを創り出すことです。

目標を立てるときのもう一つのコツは、
「すでに手に入ったもの」として表現することです。
「あの人にふさわしい自分になりました」あるいは「なりつつあります」「なっています」
ということが大事です。
「なりたいです」「なれますように」では、いつまでも「なりたい自分」にしかなることができません。
つまり「ひのき」になりたい「あすなろ」の状態です。
つまり今と変わらないのです。

これは、「どの自分にフォーカスしているか」というところで踏ん切りがつくとうまくいきます。
いまなっていなくても、どうせなるんだからいいんですよ、吹っかけちゃっても。
そのために願っているんですから!

私の場合、最後に「ありがとう」をつけるとすんなりいきます。
これはレイキセミナーでびびこさんのをいっぱい聞いて、身につきました!

「ありがとう」は「ホ・オポノポノ」でも使われるクリーニングに有効な言葉のひとつでもあります。
思うに、無意識に働きかける言葉というのは数は多くなくて、
扉を開く符牒のようなところがあります。

以上は、いわゆるアファメーション(肯定的な宣言)というものですね。
大人の場合は教室で目標が立てられないので、
新月満月や寺社仏閣に詣でたときなど機会をとらえてアウトカムを宣言する。
それは宇宙につながっている時期や場所ですから、
宣言する自分がいます、ということを宇宙にアナウンスするわけです。

これは慣れるとアナウンスすること自体が快感です。
アファメーションフェチ。
それって私のことかも、って感じです。
皆さんもぜひご一緒に。

| もずく | 就活プロジェクト | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
あけましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます。

昨日までゲル状でしたが今朝になってやっと人間の形に戻ってまいりました。
「ささっとサーチ」というものにやられ、この記事に、気づけば2時間を費やしております。
だんだんと表現が簡潔になってきたような。笑。

昨年は、就活プロジェクトを立ち上げた私にご支援ご声援をありがとうございました。
鑑定をご依頼くださり、コメントをくださり、いろいろお誘いくださり。
本当に感謝です。
おかげさまで生まれたときからの夢である「大好きなことを仕事にする」がかないました!
・・・て気、早すぎ。でもたぶん大丈夫です。

さて、明日は山羊座14度で新月です。18時4分ですか。
太陽の目的を、月のイメージ力がうけとり、実現へとつなげていきます。
ぜひ、時間と場所をととのえて、宇宙にアナウンスをしましょう。

私もしっかり願おうと思います。
私の願いごとは、々イなことを仕事にできました、ありがとう。
∪こΔ糧詭をたくさん知りました、ありがとう。
A完**しました、ありがとう。です。
たぶん川崎大師かな・・・6時よりは早い時間だと思いますが。

では、今年も灯台屋yasumikoをよろしくお願いします。



| もずく | 就活プロジェクト | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |